目黒目黒イリス法律事務所

解決事例

愛人が妊娠resolution case

養育費/親権/認知

離婚や男女不貞問題を専門に解決する目黒イリス法律事務所

依頼者:男性A氏
相手方:A氏の愛人
A氏の愛人が子を妊娠したが、愛人には別の交際相手がいたため、子の父親がA氏であるかが不明であった。そこで、愛人からA氏に対し認知請求及び養育費の請求がなされた。当職としては、A氏の依頼を受け、代理人として愛人との交渉を開始した。

まずは、A氏の子かどうかを判断するため、鑑定会社のDNA鑑定を受け、Aが99.9%子の父親であることが判明した。養育費については、愛人からA氏に対し、高額の請求がなされていたが、愛人がA氏の妻への慰謝料を支払う債務を負っていることから、これを考慮して高額の請求はやめて頂き、裁判所実務にて使用される算定表の額を基準に交渉を成立させた。

A氏は妻との婚姻関係を続けることにしたことから、養育費はA氏と愛人の問題であっても、事実上A氏妻の意向を無視できなかった。そのため、交渉ではA氏の妻の意向も反映させる必要があり、その意向は愛人側にも伝え、養育費の減額に納得して頂いた。粘り強い交渉が功を奏したと思われる。

認知には、任意認知と強制認知がある。交渉にて認知されないときは、認知調停を申立て、それでも認知されなければ、裁判にて強制認知がされることとなる。すぐに認知裁判を起こすことはできず、調停を経なければならない(調停前置主義)

目黒イリス法律事務所

まずはお気軽にご連絡ください

tel.03-6303-9197

tel.03-6303-9197

営業時間/9:00-20:00(土日時間外も対応可能)

営業時間/9:00-20:00
(土日時間外も対応可能)

PAGE TOP