目黒目黒イリス法律事務所

解決事例

夫は、浮気相手Aと3年の不貞関係があることが判明しresolution case

不倫慰謝料

離婚や男女不貞問題を専門に解決する目黒イリス法律事務所

依頼者:妻 夫と5年前に婚姻し、子供はいない。
相手方:夫の浮気相手A
夫は、浮気相手Aと3年の不貞関係があることが判明し、妻は夫と離婚することを決意した。そして、Aに対し慰謝料300万円を請求することとした。

依頼者はAに慰謝料を請求したところ、Aからは依頼者(妻)との婚姻関係はすでに破綻していたため(破綻の抗弁)、慰謝料を支払う義務が無いと反論がなされた。Aは夫から、夫婦関係は終わっている、妻と別れて再婚したいと伝えられていたようであった。当職からは、Aに対し、破綻の主張立証につき裁判になった際のリスクを説明した。Aにリスクを分かって頂き、慰謝料200万円を支払うことで示談した。

破綻の事実が認められるには、不貞相手が不貞関係を結んだ相手から「夫婦関係は既に終わっている」「破綻している」等と聞かされていたというだけでは通常認められない。裁判になった際に破綻の事実が認定されるハードルは高いことを説明したことで、Aに自身の主張は認められない可能性が高いことを理解して頂いた。

そもそも不貞行為は、配偶者の他方の平穏な婚姻関係を送る権利を害するため違法であり、不貞行為を行った者に慰謝料支払債務が生じることとなる。しかし、不貞行為時に夫婦の婚姻関係が破綻していれば、守るべき法益ながく違法とはいえないため、その債務が発生しないこととなる(破綻の抗弁)。破綻の事実は慰謝料支払債務を免れたい方が立証する責任を負う。

目黒イリス法律事務所

まずはお気軽にご連絡ください

tel.03-6303-9197

tel.03-6303-9197

営業時間/9:00-20:00(土日時間外も対応可能)

営業時間/9:00-20:00
(土日時間外も対応可能)

PAGE TOP