目黒目黒イリス法律事務所

ブログ

【お悩み段階別に解説】どこのだれに相談するべきか?blog

POSTED/2017/12/25

こんにちは。

目黒駅西口徒歩2分の目黒イリス法律事務所です。

 

information

 

目黒イリス法律事務所は1月中旬オープン予定ですが、すでにご相談をお受けできる準備が整っておりますので、お気軽にお問合せくださいませ。

お問い合わせはコチラ

 

離婚・浮気・不倫に悩んだ時、相談するべき相手が間違っていて、いやな思いをされたり、悩みが解決されるまでに必要以上の時間を要してしまった方を多く見てきました。

 

本日は、離婚・浮気・不倫に悩む女性が、相談するべき相手と気を付けたいポイントについて、お伝えいたします。

 

相談するべき相手は、個々の状況により異なります。

 

適切な相談相手を選ぶことが非常に大切ですので、ぜひ参考にされてみてくださいね。

 
色々な考え方を知りたい場合
 
 

 

旦那の持ち物から不倫の形跡が見つかった。

 

旦那から突然、「別に好きな人ができたので離婚したい。」と切り出された。

 

こんなことが起これば、頭の中は真っ白になり、どうしたら良いかわからなくなってしまいますよね。

 

少し落ち着いてくると、

 

‐同じことを経験している人はいるのかしら?

 

‐とにかくこの気持ちを誰かに話したい

 

‐他の人だったらどうするのか知りたい

 

こんな風に思うのではないでしょうか。

 

そんな時は、まずは、身近にいる家族や友人などに話してみるのが一番です。

 

人に話すことはガス抜きにもなります。

 

しかし、気を付けるべきポイントもあります。

 

いくら身近な存在でも、カウンセラーなどの専門知識をもっていない素人であることには変わりません。

 

相談相手自身の価値観による意見が返ってきたり、自分が望んでいた反応が得られないこともあるでしょう。

 

そういうものだという心得をしっかり持っておけば、家族や友人は、色々な意見が聞ける存在として、頼りになります。

 

インターネットによる情報収集でも色々な意見が得られますが、やはり様々な人の主観や価値観が入った情報であるということをあらかじめ心得てから利用することが大切です。

 
今後どうするべきかについて、自分の考えがまとまらない場合
 
 

 

離婚・浮気・不倫に関する悩みが生じた場合、その現実に混乱してしまい、今後どうするべきか分からなくなってしまう方も多くいらっしゃいます。

 

そんな時は、専門知識を持ったカウンセラーに相談するという選択肢があります。

 

カウンセラーは、具体的な解決策を直ちに提示するということはせず、相談者が自らに向き合い、自分で考えていく力をつけ、最終的な答えにたどり着くためのサポートを行ってくれます。

 

混乱してしまった心を整理し、自分がどうしたいのかを明確にするのに役立ちます。

 

米国などではカウンセラーの存在はメジャーで、政治家や経営者などが、専属カウンセラーをつけていることもよくあります。

 

カウンセラーの専門分野は細かく分かれているため、離婚・浮気・不倫を専門とするカウンセラーを選ぶことが重要です。

 
離婚後の就労について知りたい場合
 
 

 

離婚を検討した場合、離婚後の生活収入については、不安を持つ方が多くいらっしゃるかと思います。

 

そのような場合は、役所の窓口、ハローワーク、女性センターなどで相談するという選択肢があります。

 

女性センター(地域により呼称はさまざま)は、「豊かで平和な男女平等社会の実現に向けてた活動拠点」として、都道府県や市町村が設置している女性のための総合施設です。

 

東京であれば、東京ウイメンズプラザが該当します。

http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/

 

ここでは、離婚に関する資料の閲覧や、DVの相談(配偶者暴力相談支援センターに指定されている施設のみ)、自立支援や求人の探し方などの情報などを得ることができます。

 
具体的な問題が生じ、当事者間での解決が困難な場合
 
 

 

離婚・浮気・不倫に関する具体的な問題が生じ、日常生活に支障をきたしており、自分たちでの相談による解決が難しい場合は、弁護士をはじめとする、専門家への相談が選択肢となります。

 

あくまでも一例にはなりますが、弁護士に相談するべき具体的なタイミングについては、

 

■夫の不倫が発覚、やがて生活費も入れなくなり、離婚の申し入れをしてきた。

■夫の不倫が発覚し、自分としては離婚をしたいし、不倫相手の女性から慰謝料もとりたい。

■ある日突然夫から(別に好きな人ができたとの理由で)離婚を切り出されたが、自分は離婚をしたくなく、当事者間では感情のぶつけ合いになるだけで、話が全然まとまらない。

 

などが該当します。

 

このような場合は、弁護士に相談することにより、法的手続きを通して、解決に向けて動くことができます。

 

離婚問題に関して、関わる専門家は、弁護士の他にも、司法書士、行政書士などがありますが、扱える業務範囲が異なります。

 

法律に関する業務範囲に制限がないのは、唯一弁護士となります。

 

判断に迷う場合は、まずはお気軽にご相談くださいませ。

 

必要に応じて専門家との連携を取らせていただきます。

 

本日は、離婚・浮気・不倫に悩む女性がどこのだれに相談するべきかについて、お悩み段階別にご紹介してみました。

 

ご自身の状況により適切な相談相手を選ぶ。

 

ご参考にされてみてください。

 

 

 

 

目黒イリス法律事務所

まずはお気軽にご連絡ください

tel.03-6303-9197

tel.03-6303-9197

営業時間/9:00-20:00(土日時間外も対応可能)

営業時間/9:00-20:00
(土日時間外も対応可能)

PAGE TOP